2011年10月24日

「男」だったらジャンクフードにNOと言うべき



 これはとても恐ろしい話ですね。トランス脂肪酸を、多く含む食品は、なるべく避けた方が良いということでしょうか・・・。しかし現代社会では完全には回避できないでしょうから、せめてジャンクフードだけは避けたいですね。私はもともとマクドナルドにはいかないので、大丈夫かもしれませんが、自炊の腕に、更に磨きをかけたいと思います。
posted by KIMITO at 09:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジュリアーノ

 どこの街でも広場へ行けば、修行中の乞食坊主が必ず居る。宗教は色々だが、基本的には皆同じだ。「ありがたい話をして糧を得る。」坊主の基本的な仕事であり、究極の仕事でもある。単純だが奥が深い。

 坊主は事情通だ。職業柄相談を受ける立場だから、裏話に詳しい。情報を坊主から引き出すのは容易ではないが、その辺は聞き方一つという物だ。シンは長い旅路で坊主との話し方を心得ており、かれらの喜ぶ聞き方をよく知っていた。

 公園には何人か坊主が居たが、シンはその中の比較的若い坊主に目を付けた。


「お坊さん。ちょっと話を聞いてもらっていいかな。忙しいかい?」


 切り出しも大切だ。坊主がボケッと座っているからといって、暇人扱いするとヘソを曲げられてしまう。彼らは世界の真理探究に忙しい・・・らしいので、一応忙しいかどうか聞くのがエティケットだと、シンは心得ていた。


「いえ。大丈夫ですよ。私でよければなんなりと・・・」


 物腰の低い坊主だった。良い話が聞けそうだ。シンは思った。続きを読む
posted by KIMITO at 08:56 | Comment(0) | 行商人シン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜鷹の渇き

 シンは宿を出て、ハーブサールの中心地へと向かった。大通りはそれなりににぎわっているが、目新しい物があるわけではない。しかし行商人にとって大切なのは目新しさではない。行商とは、悠然と砂漠に行くことであり、ごくありふれた水を持って行くことなのだ。重要なことは、砂漠へ効率よく水を運んで行くこと。そしてなにより、人の心や日常に潜む「砂漠」を想像し、同調することだ。

 シンはバルーヌの夜鷹達の「心の渇き」を想像した。金で抱かれる女が何を思うのか・・・。

 親父は言っていた。掃除道具がよく売れると。まあ・・・。わからないじゃない。でもそれは効率的じゃない。掃除道具はかさばるからな。利幅も少ないし。なにより親子で同じ物を捌くってのは面白みに欠けるしな。

 あるものは自らの体を痛めつけると聞いたことがある。なんとなくわかるが・・・、ハッキリさせておきたい所だ。この手の話は坊主に聞いたら、もっとわかることがあるかもしれない。シンはそう思い、中心街の公園に居る、乞食坊主に話を聞きに行くことにした。
posted by KIMITO at 04:12 | Comment(0) | 行商人シン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行商人シン

 その行商人は東へ向かっていた。

 行商人は東へ向かい、西へ帰る。かつて父と共に歩いた道を。彼には大雑把な地図しかないが、どこに人が居て、何を必要としていたか良く覚えている。そして今何が「旬」なのか。道々で自然と知ることが出来る。それを頼りに、何を、どのくらい持って行けば路銀を得て、旅を続けることが出来るのか。彼は感覚で計算することができた。父は家も金も宝石も残してはくれなかったが、経験と知恵を彼に与えたのだ。

 彼にとっては仕事は風で、自身は一枚の羽のよう。つまり旅路を風に導かれて流れて行くが、彼の人生だった。彼は「シン」と言う。父の祖先の言葉で、「強さ」「誠実さ」「骨」という意味があった。

 彼はハーブサールの街に居た。次の大きい街はバルーヌ。バルーヌは歓楽街のある比較的大きい街だ。今日も酒場に「バルーヌの女でも抱きに行くか」と大声で話をしていた奴が居た。自然、バルーヌには疲れた女が多い。疲れた女達が、今度の客だ。

 女達にはどういうわけか、掃除道具がよく売れる。父は、彼女達は「穢れ」に対して人一倍敏感なのだと教えてくれた。部屋や、自分の家の周りが奇麗だと、運が良くなる。いいことがあると、簡単に言えばそう「信じて」いるらしい。とりあえずバルーヌの疲れた女達の所へ行こう。シンはハーブサールの市場へ赴く事にした。
 
posted by KIMITO at 00:02 | Comment(0) | 行商人シン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。